「ぬれせんべいとおばあちゃん」PART1

小学校からの帰り道
友だちと寄り道をしては
ザリガニをとったり、クローバーを探したり、家にたどり着くまでに
たくさんの発見を楽しんでいました。

そんなある日、庭の木にザクロの実がついている木造の家を見つけ
その家のぬしを探したけれど見つからず
地面に落ちているザクロをひろいあげた瞬間
庭に生い茂る木々の向こう側から
おばあさんに声をかけられました。

「こんにちは」
「どうしたの?」

その日から私と友だちは
そのおばあちゃんとも“ともだち”になり
学校の帰りにはおばあちゃんの家に寄り道をして、ぬれせんべいをいただきお茶を飲んだり、ザクロやビワを拾っては食べ
おばあちゃんと話しをするようになりました。

つづく
石原奈津子



おいしいハート

「人」を「良くする」 食と人をとおして 笑顔としあわせに通じる 生き方の提案をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000