故郷での食卓

久しぶりに故郷に戻り
父と姉と食卓を囲む。

尽きない話し。
懐かしい話し。
話したくてもゆっくりと顔を見て
話せなかったことを
語り合う食卓。

父はいつもだれかをおもいやり
私たち娘たちに何かを押しつけたり
否定したり
条件つきで愛したりはしない人。

あらためてそんな父のもとに生まれてきたことに感謝を伝えた食卓。

「条件つきだったり、期待しすぎたりもせずに、ただただ愛してくれて、育ててくれて、
ありがとう」

ちょっと照れて笑っていた父。

この歳になって
やっと
こんな素直に感謝の気持ちを
父に伝えられた気がする。

無条件に愛してもらった感謝を
恩返し、恩送りできる
生き方がしたいな。



おいしいハート

「人」を「良くする」 食と人をとおして 笑顔としあわせに通じる 生き方の提案をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000