幸せに生きる道を歩く

歩いていたら
トラックのドアが突然ひらく。

あと2歩前を歩いていたら
まちがいなく
私の頭と右頰は大打撃をうけていたはず。

なにごともなくて
ホッとした。と同時に
“守られてるなー”って感謝がふつふつと
こみ上げてくる。

すべて起こることに意味がある。
だからもう
逆らわないこと。
悔やまないこと。

このままでいいんだ。
このままに…ただただ感謝して生きる。

それが幸せに生きる道を歩くこと。

おいしいハート

「人」を「良くする」 食と人をとおして 笑顔としあわせに通じる 生き方の提案をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000